XEBECブラシ 内径・交差穴用 深穴ロングシャンク 使い方

はじめに

本製品は特注品です。

ブラシ、樹脂製のカラー、シャンクの3つの部品から構成され、
樹脂製のカラーはお客様の使用する穴径に合わせて製作いたします。

まずは、下記ヒアリングシートに情報を記載いただき、当社までご連絡ください。
製作可能かどうか、当社よりご連絡いたします。

使い方

基本的な使用方法は、XEBECブラシ 内径・交差穴用と同じになります。
 
XEBECブラシ 内径・交差穴用と異なる点として、振れ防止用の樹脂カラーを取り付ける必要があります。
また、必ずワーク内に樹脂カラーが収まった状態でご使用いただく必要があります。
 
ツール全長は400mm(赤ブラシ)及び410mm(青ブラシ)で、最大370mmの深穴(チャックしろ30mmの場合)まで加工出来ます。
 

ブラシ部は交換タイプ(固定はねじ止め)のため、消耗部のみの交換でシャンクは再利用が出来ます。

装着可能な装置
8000min-1以上の回転速度を出すことが可能な、回転速度を制御できる装置に取り付けることができます。
マシニングセンタ・複合旋盤・ロボット・専用機などでご使用いただけます。
カラーの装着

ブラシとシャンクの間に、振れ防止用の樹脂カラーを取り付けます。

ツールの組立方法及び寿命管理
ブラシ部のシャンクへの装着は、カラーをシャンクへ装着してからブラシホルダーをシャンクへねじ込み、

奥まで確実に挿入後(合わせ面にすき間がないこと)、2本のスパナを使用して、下記の表の許容締付力の範囲内で確実に締付け固定してください。

固定後はブラシホルダーとシャンクとの合わせ面にすき間が無い、および、カラーが負荷無く回転することを確認してください。
ブラシホルダーとシャンクとの合わせ面にすき間がある、または、カラーが回転しないあるいは回転が重いなどの場合は切粉などの異物が混入している可能性がありますので、分解清掃をお願いします。
 
カラー径は加工対象穴の内径寸法より、φ0.2~0.3mm程度小さいものを選定してください。
 
カラーは摩耗する消耗品ですのでツールの回転振動が大きくなりましたら、新品への交換(定期交換、又は、ブラシと同時交換を推奨)をお願いします。 
1次穴の内周面の粗さが荒い場合など、カラーの摩耗が早くなる場合がありますので、内外径摩耗量はφ0.5mmを上限に新品へ交換してください。 
工具先端の振れ量が0.5mmを超えた場合はご使用を止め、新品のシャンクへ交換(定期交換推奨)をお願いします。振れ量0.5mmを超えてご使用を続けると金属疲労によりシャンクが折れて飛散する恐れがあり大変危険です)
使用上の注意事項
使用する工作機械はフルカバータイプをご使用ください。線材、シャンク部が折れた場合飛散し大変危険です。
適用穴径に対応したサイズのツールをお使いください。線材、シャンク部の折れ、変形、破損の恐れがあり危険です。
 
必ずツール先端からカラー部までを加工対象の円筒内に挿入した状態で回転させてお使いください。
空中で回転させた場合、線材、シャンク部が破損・飛散する恐れがあり危険です。

加工条件について

回転速度は下表を参考に、使用上限回転速度以下に設定して下さい。
 
回転方向は、正転・逆転の両方向で加工することにより、均一なバリ取り効果・エッジ品質が得られます。
送り速度は、300mm/minからお試しください。
線材
(色)
商品コード ブラシサイズ
(mm)
シャンク径Ds
(mm)
全長L
(mm)
上限回転速度
(min-1)
許容締付力
(Nm)
  A12
(赤)
φ3 φ4 400 12000 0.4~0.8
φ5 φ6 400 12000 1.5~3.0
φ7 φ8 400 12000 2.7~5.4
φ11 φ12 400 12000 9.5~19
  A33
(青)
φ3 φ4 410 12000 0.4~0.8
φ5 φ6 410 12000 1.5~3.0
φ7 φ8 410 12000 2.7~5.4
φ11 φ12 410 12000 9.5~19

XEBECブラシ 内径・交差穴用 深穴ロングシャンク

深さ150mmを越える内径や穴底のバリ取り ・ カッターマーク除去 ・ 研磨に最適

→製品詳細はこちら



その他導入サポートはこちら

何かご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。
XEBEC技術サポート
03-6893-0810