シャフト部品のバリ取り自動化

導入効果

Before
ツール

ナイロン・ワイヤーブラシ

問題点

ナイロン・ワイヤーブラシでは研削力が低いためバリが取りきれず、手作業でのバリ取り工程が必要であった。

After
ツール

XEBECブラシ 表面用(A21-CB25M)

効果

マシニングセンタを用いて、タップ加工後の雄ねじ切かけ部をブラシでコンタリングさせ、バリ取りの自動化に成功した。さらに、表面の仕上がりも綺麗になった。

ワーク情報
業界

自動車

部品名

シャフト部品

材質

SCM

前加工

ねじ切り加工

加工条件
使用ツール

XEBECブラシ 表面用(A21-CB25M)

加工内容

タップ加工後のφ24ねじ切りかけ部のバリ取り(コンタリング加工)

回転速度(min-1)

3000

XEBECブラシ 表面用

表面のバリ取り ・ カッターマーク除去 ・ 研磨に最適

何かご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。
XEBEC技術サポート
03-6893-0810