航空機器パイプ部品(交差穴)のバリ取り

導入効果

Before
ツール

ゴム砥石

問題点

ゴム砥石を回転工具で使用。作業者の熟練度によるバラツキがあり、品質問題が発生。交差穴16カ所のバリ取りに40minかかっていた。

After
ツール

XEBECストーン 弾性シャフトタイプ (CH-PM-6B)

効果

ツールを交差穴に入れ、軽く引き抜きながらコンタリングさせて使用。作業者による仕上がりの違いがなくなり、品質が安定し時間を短縮できた。

ワーク情報
業界

航空機

部品名

航空機器パイプ部品(交差穴)

材質

SUS

前加工

ドリル加工

加工条件
使用ツール

XEBECストーン 弾性シャフトタイプ (CH-PM-6B)

加工内容

ドリル加工後の交差穴バリ取り(裏バリ)

回転速度(min-1)

2000

加工時間 (sec)

30sec/穴

XEBECストーン 弾性シャフトタイプ

シャフト部がばね鋼のため、工作物への当たりが柔らかく、加工時のビビリを抑制

穴あけ加工後に発生した穴口元、抜け側のバリ取り(裏バリ取り)に最適

→製品詳細はこちら





何かご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。
XEBEC技術サポート
03-6893-0810